ほくろを取り除く|襲う後悔に立ち向かおう|刺青除去は範囲に合わせて治療法を選択
レディー

襲う後悔に立ち向かおう|刺青除去は範囲に合わせて治療法を選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほくろを取り除く

女の人

日焼けの人はご注意を

皮膚科などの医療機関でレーザー治療によるほくろ除去をすることが出来ます。レーザー治療には大きく肌の表面を削り取るタイプとメラニン色素を分解するタイプがあり、後者のほうが人気となっています。そこで注意するべきは分解するタイプは、誰でも利用できるわけではありません。というのも、日焼けをしている人はほくろ以外の肌にもレーザーが反応してしまうからです。ほくろ除去への効果が薄まるか、もしくは肌に炎症を与える可能性があります。そのため、日焼けをしている場合は、もう一つの肌の表面を削るタイプのレーザー治療を選択するのが良いでしょう。こちらも十分に効果があるため、ほぼ確実にほくろ除去することが可能となっています。

保険が適応されることも

そのほくろ除去は美容整形だから全額自己負担だと思い込んでいる人がいます。もちろん、そのケースがほとんどですが、実は公的の医療保険が適応するケースもあるのです。それはどのようなケースかと言うと、大きくほくろの状態とほくろ除去する治療法に関わってきます。なぜならば、ほくろというのは良性のものもあれば悪性のものもあります。悪性のほくろと言うと、メラノーマというガンの一種です。放置しておくと健康にも害するため、その治療には保険が適応されます。ただその診断は難しく各医療機関によって基準が異なっているのです。もしも、ほくろ除去を依頼するときは、念のため保険が適応できるか否かを確認してみると、もしかすると費用が下がるかもしれません。